花粉症や蕁麻疹などで処方される抗アレルギー薬がタリオン錠(成分名:ベポタスチンベシル酸塩)です。

錠剤だけでなく口の中で溶かす口腔崩壊錠OD錠)も販売されています。

薬局では患者さんや医師から

タリオンは妊婦さんに処方できる?
授乳中だけど飲める?

といった質問を受けることがあります。

タリオンと妊婦・授乳中の服用について考えてみたいと思います。

妊娠中の服用

妊婦さんへのタリオンの処方について、製薬メーカーの説明書によると「治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与」となっています。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には,投与しないことが望ましいが,やむを得ず投与する場合には,治療上の有益性が危険性を上まわると判断される場合にのみ投与すること。(妊娠中の投与に関する安全性は確立しておらず,また,動物実験で胎児への移行が認められている。)

引用元 タリオンインタビューフォーム

動物実験では胎児への移行が認めらているそうですが、実際の妊婦さんでは使用経験がないそうです。

また海外の基準についてもタリオンのデータは存在しません。

妊娠中に抗アレルギー薬の投与については、ジルテック(成分名:セチリジン)クラリチン(成分名:ロラタジン)などが臨床では処方されています。

授乳中の服用

「授乳中にタリオンを服用していい?」

薬局でも患者さんから聞かれることがありますが、
製薬メーカーの説明書によるとタリオンを服用中は授乳を避けることとなっています。

授乳中の婦人には投与しないことが望ましいが,やむを得ず本剤を投与する場合には授乳を避けさせること。〔動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている。〕

引用元 タリオンインタビューフォーム

抗アレルギー薬で説明書では「授乳を中止すること」となっていても、実際に母乳に移行する量はごくわずかで、赤ちゃんに影響を与えないとされている抗アレルギー薬もあります。

授乳中の場合はアレグラ(成分名:フェキソフェナジン)やクラリチン(成分名:ロラタジン)が授乳を中止させることなく処方されています。

タリオンと授乳の間隔はどれくらい?

もし授乳中にタリオンが処方され医師から「授乳を中止するように」と言われた場合は、授乳までにどれくらいの間隔をあければよいのでしょか。

タリオンは服用後、1.2時間くらいで血中濃度が最大になり、その後約2.4時間間隔で薬の量が半分になっていきます。

服用して10時間ほど経てば、ほとんど体内から消失されています。

そのためタリオンを服用後、半日くらい経てば安全に授乳できると考えられます。

ただし、授乳のタイミングについては担当の医師や薬剤師の指示に従うようにしてください。