解熱鎮痛を目的に処方されるのがロキソプロフェン(先発品:ロキソニン)とイブプロフェン(先発品:ブルフェン)です。

患者さんからよく聞かれる質問に

「どっちが速効性がある?」
持続性があるのはどっち?」
「どっちが強い?」

といった質問を受けることがあります。

速効性と持続性について違いを比べてみました。

即効性・Tmaxの違い・比較

薬を服用してから、血中の薬の濃度が最大になるまでにかかる時間をTmax(ティーマックス)といいます。一般的にはTmaxが短い薬ほど効き目が速いといわれます。

ロキソプロフェンとイブプロフェンのTmaxは下記の通りです。

薬剤名 ロキソプロフェン イブプロフェン
Tmax 0.79時間 2.1時間

1.3時間ほど、ロキソプロフェンの方がイブプロフェンよりTmaxが短いことから、即効性があるのはロキソプロフェンだといえます。

市販のイブとロキソニンS即効性の違いは?

市販薬ではロキソプロフェンが入ったロキソニンSシリーズ、イブプロフェンの入ったイブシリーズがあります。

イブ錠やイブA錠に比べるとロキソニンSの方が即効性がありますが、イブシリーズの中でもイブクイックにはイブプロフェンの吸収を速める酸化マグネシウムを配合されています。

酸化マグネシウムが1時間ほどイブプロフェンの吸収を速めるといわれていますので、イブクイックに関してはロキソニンSと同じくらいの即効性があるといえるかと思います。

持続時間・半減期(T1/2)の違い・比較

薬が血液中に吸収されて、半分の濃度に分解されるまでの時間を半減期(はんげんき)またはT1/2(ティーハーフ)と呼びます。

ロキソプロフェンとイブプロフェンの半減期について比較してみたいと思います。

薬剤名 ロキソプロフェン イブプロフェン
半減期 1.3時間 1.8時間

イブプロフェンの方がロキソプロフェンに比べて30分ほど半減期が長く、代謝されるまでに時間がかかることから、イブプロフェンの方が持続時間がやや長いといえるでしょう。

強さの違い

ロキソプロフェンとイブプロフェンの強さを直接比べた実験はありませんが、痛みを抑える鎮痛作用や熱を下げる解熱作用はほぼ同等と言われています。

まとめ(使い分け)

ロキソプロフェンとイブプロフェンですが、強さはほとんど変わりません。

即効性を求めるならロキソプロフェン、イブプロフェンの方が効く時間がやや長いといった特徴があります。

市販ではイブプロフェンの入ったイブシリーズがよく売れていますが、医療現場ではロキソプロフェンの方がイブプロフェンに比べて多く処方されています。