肩こりや腰痛などに処方される湿布薬がモーラスパップモーラステープです。

モーラスパップは白い分厚い湿布で、モーラステープは肌色のテープタイプの薬です。

モーラスパップ

モーラスパップ写真 出典 久光製薬

モーラス

モーラステープ写真 出典 久光製薬
 

モーラスパップとモーラステープについて効能・効果や使い方・副作用の違いについてまとめてみました。

効能・効果の違い

モーラスパップとモーラステープの効能・効果の違いは下記の通りです。

モーラステープにはモーラスパップにない「関節リウマチ」の適応をとっています。

薬品名 効能・効果
モーラスパップ ○下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
変形性関節症,肩関節周囲炎,腱・腱鞘炎,腱周囲炎,上腕骨上顆炎(テニス肘等),筋肉痛,外傷後の腫脹・疼痛
モーラステープ ○下記疾患並びに症状の鎮痛・消炎
腰痛症(筋・筋膜性腰痛症、変形性脊椎症、椎間板症、腰椎捻挫) 変形性関節症、肩関節周囲炎、腱・腱鞘炎、腱周囲炎、上腕骨上顆炎(テニス肘等)、筋肉痛、外傷後の腫脹・疼痛

関節リウマチにおける関節局所の鎮痛

用法・用量(貼り方)の違い

薬品名 用法・用量
モーラスパップ 1日2回,患部に貼付する。
モーラステープ 1日1回,患部に貼付する。

 

モーラスパップは1日2回、モーラステープは1日1回使用します。

どちらも汗が原因でかぶれたり剥がれやすくなりますので、入浴後など余分な汗や皮脂が少ない時に貼るのがいいでしょう。

副作用の違い

製薬メーカーから報告されている副作用の頻度はモーラステープもモーラスパップも大差はありません。

モーラスパップの副作用

 

頻度不明

0.1~5%未満

0.1%未満

皮膚

 

局所の発疹、発赤、 腫脹、瘙痒感、刺激 感、水疱・びらん、 色素沈着等 皮下出血
過敏症 蕁麻疹、眼瞼浮腫、 顔面浮腫     

モーラステープの副作用

 

頻度不明

0.1~5%未満

0.1%未満

皮膚   局所の発疹、発赤、 腫脹、瘙痒感、刺激 感、水疱・びらん、 色素沈着等 皮下出血
過敏症 蕁麻疹、眼瞼浮腫、 顔面浮腫     

 

まとめ

モーラスパップとモーラステープの違いについて要点をピックアップします。

・モーラスパップは1日2回、モーラステープは1日1回
・モーラステープは関節リウマチに効能・効果あり
・副作用の頻度は変わらない
・見た目を気にされる場合、目立つ場所には肌色のモーラステープの方が適している

これは個人的な意見ですが、モーラステープの方が粘着力が強いため皮膚が弱い場合は「パップ」の方がかぶれの副作用が少ないと感じています。