風邪でのどが痛い時、口内炎などに処方されるトローチがSPトローチ(成分名:デカリニウム塩化物)です。

SPトローチ

出典 明治製菓ファルマ

「SPトローチは何錠くらい使用できる?」
「何歳から大丈夫?」
「授乳中だけど大丈夫?」

薬局で患者さんから聞かれる質問を中心にSPトローチについてまとめてみました。

有効成分と作用機序

SPトローチには1錠中にデカリニウム塩化物が0.25mg含まれています。

デカリニウム塩化物は細菌のタンパク質を凝固させる働きがあり殺菌作用を示します。

唾液中のグラム陽性菌や真菌に対して抗菌作用があります。

1日何錠飲める?

SPトローチの用法・用量は下記の通りです。

通常1回0.25 mg(本剤 1 錠)を1日6回投与し、口中で徐々に溶解させる。なお、症状により適宜増減する

引用元 SPトローチ添付文書

SPトローチは「1日数回口の中で溶かして服用」などと処方されますが、基本的には1日6回くらいまで服用可能です。

甘い味がついているため飲み過ぎてしまう傾向にありますが、1日6回以上使用しても効果には大きな差はでないため、過剰に摂取しないようにしましょう。

またガリガリ噛まずに、ゆっくりと口の中で溶かしてください。

何歳から使用できる?

3歳未満はトローチは誤嚥(間違って飲み込む)の危険があるため使用できないこととなっています。

一般的には直径が6mm以下のトローチであれば5歳以上から使用できるのですが、SPトローチは直径が18.1mmのため間違って飲み込む可能性があるとされています。

そのため、だいたい7歳くらいからの使用となっています。

7歳以上であれば1日3~6錠の使用が可能です。

妊娠・授乳中の使用

「妊娠中だけどトローチ服用していい?」
「授乳中だけど大丈夫?」

患者さんから時々聞かれる質問なのですが、説明書にも妊娠・授乳中の注意書きがないことから妊娠中にSPトローチは問題なく使用できると考えられます。

また授乳中について「授乳を中止する」といった注意書きはありません。
そのため主治医からも「授乳は続けてOK」と指導されるケースがあります。

ノードマントローチとの違い・ジェネリックは?

SPトローチは元々ジェネリック医薬品扱いになっていますが先発品は存在しません。

SPトローチと全く同じ成分のトローチにノードマントローチがあります。有効成分量、効能・効果、薬価すべて同じとなっています。

市販薬は?

「SPトローチは市販で売ってる?」

時々患者さんから聞かれる質問です。

SPトローチの有効成分であるデカリニウム塩化物が入った市販薬はルルトローチとして発売されています。

ルル トローチ(6錠)【ルル】
価格:288円(税込、送料別)

 

1錠あたりのデカリニウム塩化物はSPトローチの半分の0.125mgとなっていますが、のどの炎症を抑えるカンゾウキキョウといった漢方が入っています。