市販薬のロキニンSシリーズ。

ロキソニンSプラスに加え、ロキソニンSプレミアムが追加で発売となりました。

ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムの違いについてまとめてみました。

有効成分・効能効果・用法の違い

  ロキソニンS ロキソニンSプラス ロキソニンSプレミアム
写真  ロキソニンS  ロキソニンSプラス  ロキソニンSプレミアム
成分 1錠中
 ロキソプロフェンナトリウム水和物68.1mg(無水物として60mg)
1錠中
・ロキソプロフェンナトリウム水和物68.1mg(無水物として60mg)
・酸化マグネシウム33.3mg
2錠中
・ロキソプロフェンナトリウム水和物68.1mg(無水物として60mg)
・アリルイソプロピルアセチル尿素60mg
・無水カフェイン50mg
・メタケイ酸アルミン酸マグネシウム100mg
効能・効果  
頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛・悪寒・発熱時の解熱 
用法用量 1回1錠(15歳以上)
1日2回まで
1回2錠(15歳以上)
1日2回まで
定価・税抜  12錠648円  12錠698円 12錠698円
24錠1,180円

 

同じ点

効能・効果について、ロキソニンS、ロキソニンSプラス、ロキソニンSプレミアムはまったく同じとなっています。

異なる点

配合成分が異なる
ロキソニンSプラスはロキソニンSに胃酸を中和し胃粘膜を保護する「酸化マグネシウム」がプラスで含有されています。

ロキソニンSプレミアムはロキソニンSに加え、痛みをさらに緩和する「アリルイソプロピルアセチル尿素」と、胃粘膜を保護する「メタケイ酸アルミン酸マグネシウム」が含まれています。また、アリルイソプロピルアセチル尿素を服用すると眠気がでるため「無水カフェイン」が含有されています。

なお、ロキニンSやロキソニンSプラスでは副作用で眠くなりません。

用法が異なる
ロキソニンSとロキソニンSプラスは全く同じ用法・用量となります。ロキソニンSプレミアムには1錠にロキソプロフェンが通常の半分量含まれていますので、1回2錠服用となっています。

使い分け

ロキソニンSで胃腸の調子が悪くなったり、元々胃腸の弱い方はロキソニンSプラス、ロキソニンSでは痛みがなかなか治まらない方にはロキソニンSプレミアムを服用するのがよいでしょう。

また車の運転をするなど眠気の副作用を避けたい場合は、ロキソニンSかロキソニンSプラスがいいいかと思います。

あくまで市販薬は頓服として使用し、痛みが続く場合は医療機関を受診しましょう。

ロキソニンSプレミアムはインターネットからも購入できます。