目の疲れや、すっきりさせたい時によく使用される市販の目薬がサンテFXネオです。

サンテFXネオ

出典 参天製薬

実は中国人観光客の爆買いの中で最も売れているのがこの「サンテFXネオ」なのです。

お客さんからもサンテFXネオについて聞かれることが多いのですが、サンテFXネオの特徴や使用上の注意点についてまとめてみました。

効能・効果

サンテFXネオの効能・効果は下記の通りです。

目の疲れ、結膜充血、目のかゆみ、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)、紫外線その他の光線による眼炎(雪目など)、目のかすみ(目やにの多いときなど)、眼瞼炎(まぶたのただれ)、ハードコンタクトレンズを装着しているときの不快感

有効成分

サンテFXネオに含まれる有効成分は下記の通りです。

有効成分 濃度 作用機序
ネオスチグミンメチル硫酸塩 0.005% ピント調節改善(疲れ目改善)
タウリン 1.0% 目の組織代謝を活発
L-アスパラギン酸カリウム 1.0% 目の組織呼吸を活発
塩酸テトラヒドロゾリン 0.05% 充血を抑える
クロルフェニラミンマレイン酸塩 0.03% 炎症・痒みを抑える
イプシロン-アミノカプロン酸 1.0% 炎症の原因となる物質の産生を抑える

 

血管収縮剤が入っているため使いすぎに注意

サンテFXネオの使い方ですが1日5~6回、1回2~3滴点眼します。

スッキリとすることからクセになり、何度も使用する方もいらっしゃいますが、サンテFXネオには「塩酸テトラヒドロゾリン」と呼ばれる血管収縮剤が入っているため、使いすぎると結膜の血管に負担がかかり充血がかえって悪化することがあります。

1日5~6回にし、使い過ぎには注意しましょう。

ソフトコンタクトレンズの上から点眼しても大丈夫?

サンテFXネオを購入する多くの方から

「サンテFXネオはソフトコンタクトレンズの上から点眼しても大丈夫?」

と聞かれることがあります。

サンテFXネオの防腐剤にベンザルコニウム塩化物が入っているのですが、ベンザルコニウム塩化物はソフトコンタクトレンズに吸着し、角膜が炎症を起こしてしまいます。

そのため、ソフトコンタクトレンズを外して点眼することが望ましいとされています。

僕は、だいたい点眼して5分くらい間隔をあければソフトコンタクトレンズをつけるよう指導しています。