パーキンソン病は下記の4つを特徴とする疾患です。

  • 振戦(手足のふるえ)
  • 筋固縮(こわばり)
  • 無動(動作が遅い)
  • 姿勢・歩行障害

パーキンソン病は黒質メラニン含有神経細胞の変性によって中枢のドパミンが減少することが原因と考えられています。

そのためドパミンを補充する目的でドパミンの前駆物質であるL-DOPAレボドパ)が処方されることがあります。

レボドパ製剤であるスタレボ配合錠について解説していきます。

レボドパを分解するレボドパ脱炭酸酵素とCOMT

パーキンソン病は脳内のドパミン不足が原因になることから、ドパミンの補充が行われるケースがあります。

しかし脳には血液脳関門(BBB:Blood Brain Barrier)というバリアのようなものがあって、ドパミンを投与しても血液脳関門を通過できないため脳には届きません。

そこで、ドパミンの前駆物質であり血液脳関門を通過できるL-DOPAレボドパ)を投与するのです。

L-DOPA(レボドパ)は脳内でレボドパ脱炭酸酵素によってドパミンに変換されます。

しかしL-DOPAレボドパ)を単剤で投与しても90%以上が脳に到達する前にドパミンに変換されてしまい、脳に到達するL-DOPA(レボドパ)は数%にしかなりません。

脳内以外の末梢(腸管壁、肝、血管内皮細胞)にもレボドパ脱炭酸酵素が存在するためです。

またL-DOPA(レボドパ)は末梢に存在するCOMT(カテコール-O-メチル基転移酵素)によっても3-OMD3-O-methyldopa)に分解されてしまいます。

スタレボの特徴

パーキンソン病の治療では、末梢で大部分のL-DOPA(レボドパ)がレボドパ脱炭酸酵素によって分解されるためレボドパ脱炭酸酵素阻害剤が配合されたレボドパ製剤が使用されます。

レボドパ脱炭酸酵素阻害剤のカルビドパ配合

  • ネオドパストン配合錠
  • メネシット配合錠

レボドパ脱炭酸酵素阻害剤のベンセラジド配合

  • マドパー配合錠
  • イーシー・ドパール配合錠
  • ネオドパゾール配合錠

しかしこれらのレボドパ製剤を服用していくとwearing offウェアリングオフ)現象といって、レボドパ製剤が効果を示す時間が短くなり、次の服用までに症状が強く現れてしまうことがあります。

そこでこれらのレボドパ製剤の作用時間を延長させるために併用されるのがCOMT阻害薬であるエンタカポンです。(エンタポン単独の薬はコムタン錠

スタレボ配合錠はレボドパに加えて、末梢でレボドパが分解されるのを抑えるレボドパ脱炭酸酵素阻害剤(カルビドパ)と、COMT阻害剤(エンタカポン)が配合された薬剤となっています。

スタレボ規格 有効成分 対応する薬品
L50 レボドパ50mg
カルビドパ5mg
エンタカポン100mg
ネオドパストンorメネシット
+コムタン 
L100 レボドパ50mg
カルビドパ5mg
エンタカポン100mg

 

 

レボドパ製剤によるwearing off(ウェアリングオフ)の改善

スタレボ配合錠は「レボドパ・カルビドパ投与において 症状の日内変動(wearing-off 現象)が認められる場合」の適応のため、基本的にはカルビドパが配合されたレボドパ製剤(ネオドパストンやメネシット)を服用してwearing-off 現象が見られた場合に変更となって処方されることがあります。

COMT阻害薬であるエンタカポンを追加することでレボドパ製剤の効果持続時間を延長し、レボドパの効果が短くなるwearing-off現象を改善するのです。

尿・汗・唾液が黒くなる理由

レボドパ製剤を服用するとおしっこや汗、唾液が黒く変色することがまれにあります。

レボドパや代謝物は酸化されやすくアルカリや光に不安定なことから、変化を受けてメラニン重合体を生成し尿や汗、唾液に排泄されるためと考えられています。

衝動制御障害について

ご家族の方へ

ドパミンは快楽・興奮に関与する物質のためレボドパ製剤によって、衝動の制御がきかなくなることがあります。

  • ギャンブルをしたい衝動を抑えられない
  • 性衝動を抑えられない
  • 買い物をしたい気持ちを抑えられない
  • 食べ物を食べたい衝動が抑えられない

このような症状がでた場合は薬の量が調整されるケースがありますので、必ず主治医に相談するようにしてください。

またこれらの症状は薬によるものであることを理解しておきましょう。