浮腫みをとったり、血圧を下げる目的で処方される利尿剤がフルイトラン(一般名:トリクロルメチアジド)です。

トリクロルメチアジド錠NP」や「トーワ薬品」といったジェネリック医薬品で処方されるケースも多くあります。

作用機序(メカニズム)

フルイトラン(トリクロルメチアジド)は腎臓でナトリウムや水の再吸収を抑えることで、余分な水分を体から排泄させます。

具体的にどのように作用するのか解説していきます。

腎臓の尿細管は大きく下記の4つに分類されます。

  • 近位尿細管
  • ヘンレループ
  • 遠位尿細管
  • 集合管

フルイトラン(トリクロルメチアジド)が作用するのは遠位尿細管です。

遠位尿細管にはNa(ナトリウムイオン)やCl(クロールイオン)を血液中に再吸収する場所があるのですが、フルイトラン(トリクロルメチアジド)はこれらの場所を阻害することでNa(ナトリウムイオン)が腎臓から血液中に再吸収されるのを抑えます。

Naは水と一緒に移動する性質がありますので、Naの再吸収を抑えることで、水の再吸収を抑え、尿から水分を排泄させるのです。

糖・尿酸値・電解質への影響

フルイトラン(トリクロルメチアジド)を服用すると、血液中のナトリウムやカリウム、カルシウム、尿酸、血糖、コレステロールなどが下記のように影響がでることがあります。

項目 影響
Na 下げる
K 下げる
Ca 上げる
上げる
TG
中性脂肪
上げる
LDL
悪玉コレステロール
上げる
HDL
善玉コレステロール
下げる
尿酸 上げる

 

効果発現時間・最大効果発現時間・効果持続時間

作用発現時間・・2時間
最大効果発現時間・・6時間
効果持続時間・・24時間

アルコール(お酒)と併用注意

アルコールとフルイトラン(トリクロルメチアジド)は併用注意となっています。

アルコールには血管を拡張させる作用があるためフルイトラン(トリクロルメチアジド)の降圧作用が強くなり、立ちくらみやふらつきが強く現れてしまうためです。