「緑内障治療薬」タグの記事一覧

ミケルナ配合点眼液作用機序・特徴

目薬

緑内障の治療は基本的には1種類の点眼薬からスタートしますが、 単剤で眼圧が下がらなかった場合に、別の種類の目薬が追加されることがあります。 目薬を併用する場合、5〜30分の間隔をあける必要がありますが、 最近では2つの成・・・

ハイパジール点眼液作用機序・特徴

目薬

緑内障や高眼圧症治療薬であるハイパジール点眼液(一般名:ニプラジロール)。 ハイパジール点眼液は交感神経β受容体遮断薬と呼ばれ、房水の産生を抑えることで眼圧低下作用を発揮します。 またハイパジール点眼液は房水産生を抑える・・・

スポンサーリンク

ページの先頭へ