薄毛やハゲなど壮年性脱毛症に効果のある薬がリアップ(成分名:ミノキシジル)です。

ミノキシジルはもともとアメリカで高血圧の飲み薬として開発されていました。

しかしミノキシジルを服用した患者さんの顔や足、腕などから毛が生える多毛が報告されたことから、薄毛に効果があるのではないかと考えられ薄毛の治療薬として開発に至りました。

男性用のリアップは現在、リアップリアッププラスリアップジェットリアップX5と4種類が発売されています。

それぞれの違いや特徴、使い方についてまとめてみたいと思います。

リアップ(ミノキシジル)の作用機序

薄毛の原因はタバコや食生活が原因で頭皮の血流が悪くなったり、成長期(2~6年)・退行期(2週間)・休止期(3~4ヵ月)といったヘアサイクルの中で成長期が短くなることで薄毛が進行していきます。

ミノキシジルは毛細血管を拡張させ頭皮の血流を良くするとともに、ヘアサイクルの中で成長期を延ばし薄毛を改善します。

リアップ・リアッププラス・リアップジェット・リアップX5の違い・比較

 種類 リアップ リアップジェット リアッププラス リアップX5
写真 06801_Product リアップジェット  リアッププラス  リアップX5
有効成分100ml中  ミノキシジル1g  ミノキシジル 1.0g
パントテニールエチルエーテル 1.0g
トコフェロール酢酸エステル 0.08g
l-メントール 0.3g
ミノキシジル 1.0g
パントテニールエチルエーテル 1.0g
トコフェロール酢酸エステル 0.08g
l-メントール 0.3g
 ミノキシジル 5.0g
ピリドキシン塩酸塩 0.05g
トコフェロール酢酸エステル 0.08g
l-メントール 0.3g
用法・用量  1日2回1回1mLを脱毛している頭皮に塗布  1日2回1回薬液1mL(15噴射)を脱毛している頭皮に噴射  1日2回1回1mLを脱毛している頭皮に塗布  1日2回1回1mLを脱毛している頭皮に塗布
画像出典 大正製薬

 

リアップにはミノキシジルという有効成分が100ml中に1g入っています。

リアップに血流をよくするビタミン剤や、すっきりとするメントールを配合したものがリアッププラスです。

そしてリアッププラスを噴射タイプにしたのがリアップジェットです。

リアッププラスと同じ成分ですが、ジェットタイプはより爽快感があり効きそうな感じがします。

そしてリアッププラスの有効成分ミノキシジルを5倍にしたものがリアップX5となります。

使い方・使用方法

リアップ、リアッププラス、ジェット、X5どれも1日2回の朝・夜に使用します。

髪を洗う場合は、洗ったあと、手で頭皮をマッサージして頭皮をほぐし、水分を乾かした後に塗るとより効果がでるといわれています。

整髪料はリアップが乾いてからつけるようにしましょう。

効果がでる期間

少なくとも6ヵ月間は継続しなければ効果を実感できないと言われています。

プロペシア・ザガーロとの併用

飲むタイプの脱毛治療薬であるプロペシア(成分名:フィナステリド)やザガーロ(成分名:デュタステリド)を併用することで効果が増強されると言われています。

なお、プロペシアやザガーロは市販での販売はなく、病院での受診が必要です。

円形脱毛症に効果ある?

リアップは円形脱毛症には効果がありません。急な抜け毛の場合にはリアップは効果がありませんので自己判断で使用しないようにしましょう。

安い価格で買う方法(通販)

リアップを激安で購入したいのであれば、通販のセット販売をオススメします。

通販であってもリアップを販売できるのは薬剤師が常駐していることが条件となりますので、購入の際には薬剤師から使用して問題ないかのチェックが入ります。

以下に楽天市場の中でも価格の安いセットをピックアップしました。

リアップ

 

 

リアッププラス

 

 

リアップジェット

 

 

リアップX5