花粉やハウスダストなどのアレルギーによる鼻炎や皮膚の痒みに処方される抗アレルギー薬がセルテクト(一般名:オキサトミド)です。

セルテクトについて作用機序や薬局で患者さんから聞かれる質問をまとめました。

作用機序(メカニズム)

作用機序について説明する前にアレルギーが起こるメカニズムについて説明します。

花粉やほこりなどのアレルゲンが体内に入ると、体は外敵とみなし攻撃をスタートします。

この攻撃が過剰になるとアレルギー症状がでてしまいます。

花粉症やじんましんは即時型(Ⅰ型)アレルギーと言われ、体の中にアレルゲンが入ると血液中のIgE抗体と結合します。

すると外敵を攻撃するために肥満細胞からヒスタミン、ロイコトリエンなどの化学伝達物質(ケミカルメディエーター)が放出されます。

脳や血管にヒスタミンH1受容体というものがあるのですが、ヒスタミンがヒスタミンH1受容体と結合することで、鼻水や眼の充血、肌の痒みなどが生じます。

セルテクト(オキサトミド)はヒスタミンH1受容体にヒスタミンが結合することをブロックすることで、鼻水や皮膚の痒みを軽減します。

またヒスタミンやロイコトリエンの遊離を抑えたり、気管支喘息を引き起こすPAF(血小板活性化因子)を抑える作用があります。

効能・効果(気管支喘息には小児のみ)

セルテクトは大人用の錠剤と子供用のドライシロップで効能・効果に違いがあります。

規格 効能・効果
セルテクト錠 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚そう痒症、湿疹・皮膚炎、痒疹
セルテクトドライシロップ  気管支喘息、アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、痒疹

子供用のセルテクトドライシロップには「気管支喘息」にも効能・効果があります。

妊娠中には禁忌・授乳は避ける

妊婦さんにはセルテクト(オキサトミド)は投与をしてはいけない「禁忌(きんき)」となっています。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。
[動物実験(ラット)で口蓋裂、合指症、指骨の形成不全等の催奇形作用が報告されている。]

引用元 セルテクト添付文書

また授乳中にセルテクト(オキサトミド)を服用する場合は「授乳は避けること」とされています。

授乳婦に投与する場合には、授乳を中止させること。
[動物実験(イヌ)で乳汁移行が認められている。]

引用元 セルテクト添付文書

 

眠気の副作用があるため車は運転しない

セルテクト(オキサトミド)は眠気の副作用が現れるため「車の運転は避けること」とされています。

アルコール(お酒)は飲んでいい?

セルテクト(オキサトミド)とアルコールは「併用注意」となっています。

セルテクト(オキサトミド)を服用中にお酒を飲むことで眠気や倦怠感が強く現れる可能性があるためです。

市販薬はある?

セルテクトの有効成分であるオキサトミドが入った市販薬は販売されていません。