高血圧や慢性心不全に処方される降圧剤にブロプレス(成分名:カンデサルタンシレキセチル)があります。

「血圧の薬を服用中はグレープフルーツジュースを飲んじゃダメなんでしょ?」

よく患者さんから聞かれる質問なのですが、ブロプレス(カンデサルタン)はどうなのでしょうか?

グレープフルーツとブロプレス(カンデサルタン)との飲み合わせについて解説したいと思います。

グレープフルーツとブロプレス(カンデサルタン)は併用問題なし!

結論から言いますと、ブロプレスとグレープフルーツの飲み合わせは問題ありません。

グレープフルーツや、グレープフルーツジュース、みかんやレモンなども問題ありません。

食後のデザートでグレープフルーツが出てきても、血圧に影響することなく食べることができます。

血圧の薬とグレープフルーツの飲み合わせが悪い理由(メカニズム)

では、なぜグレープフルーツと血圧の薬が相性が悪いと言われているのでしょうか?

血圧の薬の中で、Ca拮抗薬(かるしうむきっこうやく)と呼ばれる薬があります。Ca拮抗薬の多くはCYP3A4(シップスリーエーフォー)と呼ばれる代謝酵素によって体の中で分解されていきます。

グレープフルーツにはフラノクマリン類と呼ばれる成分が入っているのですが、フラノクマリン類は代謝酵素であるCYP3A4の働きを邪魔する作用があります。

そのため、CYP3A4によって分解される薬を服用中にグレープフルーツを摂取すると、薬の分解が妨げられ、効き目が強くなったり、副作用が強く現れてしまうのです。

中には吸収が2倍以上になり副作用が強く現れ、1日中グレープフルーツを避けなければいけない薬も存在します。

ブロプレス(カンデサルタン)はCYP2C9によって代謝

グレープフルーツは代謝酵素のCYP3A4の働きを邪魔しますが、ブロプレスは主にCYP2C9によって代謝されますので、グレープフルーツを併用しても影響がでないのです。

ブロプレスのジェネリック医薬品

ブロプレスには薬価の安いジェネリック医薬品が存在します。

カンデサルタン錠+メーカー名でサワイ製薬やファイザー日医工あすか製薬などから販売されています。

先発品と添加物が異なるケースがありますが、有効成分は全く同じとなっています。

これらのジェネリック医薬品についてもグレープフルーツと併用して問題ありません。