湿疹など皮膚の炎症に処方される塗り薬がパンデル軟膏・クリーム・ローションです。

パンデルについて特徴や薬局で患者さんから聞かれる質問をまとめました。

パンデルの規格・有効成分

パンデルには軟膏・クリーム・ローションの3つの規格が存在します。

どれも1g(1ml)中にステロイドの酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンが1mg入っています。

ステロイドの強さ・強度

ステロイドのランクには

ストロンゲスト(最も強い)
ベリーストロング(とても強い)
ストロング(強い)
マイルド(優しい)
ウィーク(弱い)

と5段階に分かれるのですがパンデルの成分である酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾンはベリーストロング(とても強い)に位置づけられています。

 

効能・効果

パンデルの効能・効果は下記の通りです。

○湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、女子顔面黒皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)
○乾癬
○掌蹠膿疱症
○痒疹群(じん麻疹様苔癬、ストロフルス、固定じん麻疹を含む)
○虫さされ
○扁平紅色苔癬
○慢性円板状エリテマトーデス
○湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、女子顔面黒皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)
○乾癬
○掌蹠膿疱症
○痒疹群(じん麻疹様苔癬、ストロフルス、固定じん麻疹を含む)
○虫さされ
○扁平紅色苔癬
○慢性円板状エリテマトーデス

ヘルペス・ニキビに効果ある?

パンデルはステロイドが入っており、皮膚の免疫を抑える作用があります。

そのためヘルペスウイルスやニキビの原因となるアクネ菌の増殖を助ける働きをしてしまうため、基本的にウイルスや細菌に感染した場所には使用を避けなければいけません。

家に残った薬を自己判断で使用しないようにしましょう。

ジェネリック医薬品は?

パンデルには薬価の安いジェネリック医薬品が存在します。

有効成分や効能・効果は同じとなります。

先発品 ジェネリック医薬品
パンデル軟膏 イトロン軟膏
ハーユロン軟膏
酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン軟膏「YD」
パンデルクリーム イトロンクリーム
パンデルローション イトロンローション

市販薬はある?

「パンデルと同じ強さの市販薬はありますか?」 と聞かれることがありますが、パンデルと同じランクの「とても強い」に該当する市販のステロイド薬は販売されていません。

市販薬で一番強いのは「strong:強い」に該当するベトネベートやフルコートF(抗菌薬配合)になります。

妊娠・授乳中の使用

妊婦さんには「長期に大量に広範囲の使用はさけること」とされています。

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には大量又は長期にわたる広範囲の使用を避けること。[妊婦に対する安全性は確立していない。]

引用元 パンデル添付文書

授乳中については添付文書に注意書きはなく「授乳を中止することなく使用していい」と指導されるケースがあります。