「もの忘れ」には大きく2つに分類されます。

  • 年をとっていく中で加齢による「もの忘れ」
  • 認知症などの病気による「記憶障害」

単なる加齢による「もの忘れ」と、病気による「記憶障害」には特徴的な違いがあります。

加齢による「もの忘れ」と病気による「記憶障害」の違い

  もの忘れ 記憶障害
忘れ方 体験の一部を忘れる
例 結婚式で何を食べたか忘れる
体験したことの全体を忘れる
例 結婚式に出席したこと自体を忘れる 
自覚  もの忘れの自覚がある もの忘れの自覚がない 
日常生活 支障あり  支障なし
進行  なし  悪化する 

加齢による「もの忘れ」と、病気による「記憶障害」は大きく違いがあります。

一番特徴的なのが忘れ方です。

加齢によるもの忘れは「体験の一部」を忘れますが、病気による記憶障害では「体験そのもの」を忘れてしまいます。

例えば、

加齢による「もの忘れ」では親戚の結婚式に出席した時、何を食べたか思い出せないのに対して、
認知症などの「記憶障害」では結婚式に参加したこと自体を忘れてしまいます。

また加齢による「物忘れ」は自覚症状がありますが、病気による「記憶障害」では自覚症状がありません。

「私最近もの忘れが激しい。認知症かしら?」

と、自分で自覚している場合は病気でなくただの「もの忘れ」の可能性が高いのです。

また病気による「記憶障害」は時間の経過とともに悪化していきますので、早めの受診が必要です。

記憶障害の原因疾患「認知症の種類」

記憶障害の原因疾患の一つに認知症があります。

認知症にはいくつかの種類がありますが、

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小型認知症
  • 脳血管性認知症

の3つが全体の90%を占めると言われています。

認知症の種類 特徴
アルツハイマー型認知症 中年期以降に発症
認知症の中で最も頻度が高い
レビー小体型認知症 中年期以降に発症
脳の中にレビー小体というたんぱく質が集まり神経細胞が壊れることが原因
パーキンソン症候群を伴う
脳血管性認知症   脳出血や脳梗塞が原因