うっ血性心不全や、肝臓、腎臓が原因による浮腫をとる目的で処方されるのがダイアート(一般名:アゾセミド)です。

ダイアートはループ系利尿剤に分類され、他のループ利尿剤に比べて利尿作用は緩やかでかつ持続力があるのが特徴です。

ダイアートについて作用機序や、同じループ利尿薬であるラシックス(一般名:フロセミド)との違いについて解説していきます。

作用機序(メカニズム)

ダイアートの利尿作用のメカニズムについて簡単に解説していきます。

まず腎臓はどのような働きをしている臓器なのでしょうか?

腎臓の働きをざっと挙げてみます。

  • 血液をろ過し老廃物や塩分を尿として排泄する
  • 体に必要なものを血液中に再吸収する
  • 体液量を調整する
  • 血圧を調整する
  • 血液をつくる命令を出すホルモンを分泌する

このように腎臓はさまざまな役割があります。

その中でも特に重要な働きである「老廃物や塩分などを尿として排泄し必要なものは血液中に再吸収する点」に着目し開発されたのがダイアートです。

腎臓の尿細管は近位尿細管、ヘンレループ、遠位尿細管、集合管に分かれますが、ダイアート(アゾセミド)が作用するのはヘンレループです。

ヘンレループではNa+、Cl、K+が血液中に再吸収されているのですが、ダイアート(アゾセミド)はヘンレループでNa+、Cl、K+が血液中に再吸収されるのを防ぎます。

Na+(ナトリウムイオン)が動くと水分も一緒に動きますので、血液中に水分が再吸収されるのを抑え、尿として排出するのです。

作用発現時間・持続時間(Tmax)

薬を服用して最大の血中濃度に達するまでの時間をTmax(ティーマックス)といいます。

製薬メーカーの資料によるとTmaxは下記のとおりです。

用量 Tmax
アゾセミド 30mg 4.0±0.7(hr)
アゾセミド 60mg 3.3±0.5(hr)

服用して、およそ3〜4時間で最大血中濃度に達します。

一般的に作用持続時間は12時間といわれており、ループ利尿薬の中ではもっとも持続時間が長いのが特徴です。

ラシックス(フロセミド)とダイアート(アゾセミド)の違い

ダイアート(一般名:アゾセミド)と同じループ利尿薬にラシックス(一般名:フロセミド)という薬があります。

どちらも作用機序は同じで、腎臓の尿細管のヘンレループでNaの再吸収を抑え、尿として水分を排泄します。

違いがあるのは、最大効果発現時間や持続時間です。

下記のように、ラシックス(フロセミド)の方が最大効果発現時間が短く、作用時間も短くなっています。
一方、ダイアート(アゾセミド)は緩やかに長く持続する特徴があります。

薬品名
(一般名)
作用発現時間 最大効果
発現時間
持続時間
ラシックス
(フロセミド)
1hr 1〜2hr 6hr
ダイアート
(アゾセミド)
1hr 3hr 12hr